バカラ 【クララ・トール 2103】 039 グラス 340cc H21.5cm Baccarat ワイングラス-ワイングラス

  • バカラ 【クララ・トール 2103】 039 グラス 340cc H21.5cm Baccarat ワイングラス-ワイングラス

    睡眠に関する悩み

    サイズ:340cc
    素材:クリスタル(人工水晶)
    ※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。

    聖クララは、1193年 イタリアのアッシジに生まれました。裕福な騎士ファヴァローネとオルトラーナの娘として育ったクララは気高い精神の持ち主でした。
    母はクララを身ごもっていた時、十字架の前で祈っていると「あなたは世界を照らす偉大な光を生むだろう」という声を聞いたのでした。 
    その頃、アッシジでは聖フランシスコが福音を生きて証しし、全き清貧の道を歩み始めていました。
    クララはそんなフランシスコの生き方に憧れ、1212年の枝の主日に全てを捨てて家を出、フランシスコと兄弟達の待つポルチュンクラへと走りました。 その小さな教会の祭壇の前で、フランシスコによってクララの美しい髪が切られ、クララは世俗の衣服を脱ぎ、悔い改めの貧しい修道服を身につけました。
    こうして、クララは神と婚姻を結び、主キリストの花嫁となりました。

    クララは自分のことを「聖フランシスコの小さき苗木」と呼びました。それは、フランシスコによってサンダミアノの小さな園に植えられ、そこで根を張り大きく枝を伸ばし、美しい花を咲かせ、多くの実を結んだからです。
    孤独と沈黙―それはクララがその修道院の囲いの中で、自分と姉妹達の為 生活様式として選んだものです。
    実際その生活とは、清貧と労働、試練と病気のうちに、姉妹愛を育みつつ神との一致を目指すものでした。
    「クララの生活は“感謝の祭儀-ユーカリスト”そのものでした。
    なぜなら彼女はフランシスコのように、囲いの中から祈り、賛美、懇願、取り次ぎ、嘆き、奉献と犠牲のうちに神に絶えざる“感謝”を捧げたからでした。」
    (ヨハネ・パウロ2世―同教皇書簡) )
    クララは最も卑しい仕事を率先して行い、絶え間なく祈りました。また、病気の姉妹達には十字の印をして愛をこめて祈りました。
    すると奇跡的に多くの癒しが行われました。
    クララは貧しく裸で十字架に釘付けられた主イエス・キリストを熱烈に愛し、御聖体を心から愛し大切にしました。
    そのために、クララは終課の後と食事の後に姉妹達に聖水を振りかけて祝福しながら、「姉妹達、娘たちよ、十字架に釘付けられた私たちの主イエス・キリストの脇腹から流れ出た聖なる水を忘れずに心に留めていなさい。」と語りました。

    1240年9月のある金曜日に、神聖ローマ皇帝フリードリッヒ2世の傭兵であるサラセン人がアッシジの町を襲い、サンダミアノに侵入しようとしました。
    その時、重い病気だったクララは御聖体の前に平伏して、町と姉妹達を守って下さるようにと涙ながらに祈りました。
    すると、御聖体の中からイエスの声が、しかも幼子の声で「私はあなたたちを常に守るであろう」約束して下さり、本当に町と修道院とはクララの祈りで守られたのでした。
    クララは、女性で初めて会則を書いた人でしたがその会則の認可は臨終の前日の1253年8月10日でした。教皇様からの会則認可の知らせが届くとクララは病床の中で会則を抱き、涙ながらに接吻しました。
    臨終が間じかに迫った時、クララの床の周りに白い衣をまとい冠をかぶったおびただしい数の乙女たちが入ってくるのを見たと目撃した姉妹は証言しています。
    その中でもひときわ高貴で、はるかに美しく、他のものよりも大きな冠をかぶったお方、つまり、天の元后―マリア様がクララに近づきクララのベッドを天上の非常に繊細な布で覆いました。
    ついに臨終の時を迎えたクララは傍らにいた姉妹に言いました。
    「私が観ている栄光の王が見えますか?」ここにおいてクララの観想の旅は頂点に達したのです。
    「ああ、讃えられよ我が主、あなたは私をお造りになったゆえに・・・」との最後の言葉を残してクララは栄光の王と共に御国へと導かれて行きました。

    教会はクララの事を“燭台の上に置かれ、教会を照らすともしび”(列聖大勅書)とし その死の2年後 1255年8月15日、アレクサンデル4世はキアラをアッシジの聖キアラとして列聖した。
    1263年、ウルバヌス4世は清貧の女性修道会の名を、公式に聖キアラ会(クララ会)に変更した。
    おぉ、クララ、光より光り輝く、永遠の光の娘 ・・・
    母なる教会は、中世紀から、聖クララをこのように聖務日課の賛歌の中で歌い継いできました。 
    ラテン語で“クララ”とは、「光り輝く」という意味です。
    イタリア語では“キアラ”、英語では“クレア”、フランス語では“クレール”と発音し、クララは時空を越えて、今も世界中で愛され光り輝いています。


    アンティック ヴィンテージ店のお取り扱いは 中古品の世界ですが お熟成アインのは ピカピカの 新品です。

    通常品の半額を狙った 現代作

    簡易6本箱入りですが
    ブランド1本箱 378円 ご用意できます。

    当店のお品は 総て 現地在庫を漁らず(現地では B品の販売があり その混入を避けるため) 欧州代理店を通じて 各メーカーに 発注しております。

    クリスタル(人工水晶)

    クリスタルの王者  バカラ
    透明なクリスタルに 条理(溶融対流)のゆらめきが 通電溶融のガラスに無い 深い重厚感をかもします。

    1764年 当時、フランスは打ち続くナポレオン戦争の終焉冷めやらず、経済的疲弊から 復興のために、フランス東部のロレーヌ地方統主であるモンモランシー・ラバルは ガラス業界への参入を考案し、 国王のルイ15世に ガラス工場設立の認化を求めて承認され パリから約400km東にある ロレーヌ地方のバカラ村(人口約5000人の村の働き手の半分が 美の創造の担い手)に、ガラス工場がつくられたのが輝きの歴史の始まりです。
    1817年、本格的なクリスタル制作を開始 1823年のパリ国民博覧会では そのクリスタルの透明度の高さと繊細なカットの巧みさが認められ 金賞を受賞。以来、ルイ18世を始め世界の一流人士のご愛好は 枚挙に暇がありません。
    現在まで マキシム エリゼ宮など 世界の一流品の集まるところに クリスタルは バカラが 所を占めております。
    今でもフランスで製造されるクリスタルの約半数はバカラの制作品です。完璧のポリシーのもと、その技術の高さは約40名以上の「MOF(フランス最優秀職人)」を輩出ししているのでも 証明されています。

    > 詳しくはコチラ

  • バカラ 【クララ・トール 2103】 039 グラス 340cc H21.5cm Baccarat ワイングラス-ワイングラス

    睡眠に関する悩み解決

    その他 UK 18-8 ユニット 角湯煎 Gカバー スタッキング式 22吋 EBM-5006800【納期目安:追って連絡】

    > 詳しくはコチラ

  • バカラ 【クララ・トール 2103】 039 グラス 340cc H21.5cm Baccarat ワイングラス-ワイングラス

    アミノ酸“グリシン”

    睡眠の質を高めるアミノ酸“グリシン”。目覚めスッキリ、疲労も軽減。その睡眠改善効果とは?

    > 詳しくはコチラ

");